インスリンの仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1334361_22895668

2013/1/10にNatureに発表された論文は、インスリン治療に新たな展開をもたらすかも知れません。
インスリンが血糖値を下げる(細胞にブドウ糖を取り込ませる)働きがあることは良く知られています。
しかし、インスリンがどの様にして細胞の受容体に結合するのかは全くの謎でした。
今回アメリカと、オーストラリアの研究チームは、インスリンが細胞表面の受容体に結合し、細胞が血液からグルコースを取り込む仕組みを、分子レベルで詳しく提示することに成功しました。
この発見は、新しいインスリンの開発や改良に繋がると期待が集まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*