インスリンの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1342025_63300207

糖尿病(高血糖)の原因の一つに、インスリン分泌不足があることは、皆様もよくご存じのことと思います。
インスリンとは、膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞から分泌される、血糖値を下げるホルモンです。

糖尿病の方にはこのβ細胞の働きが低下している方が多くお出でになることから、進行した糖尿病にインスリンを使う事は良く知られておりますが、最近、糖尿病の治療方法の一つとして早期におけるインスリン投与が注目されています。

インスリンは、血糖値を下げるだけでなくインスリンの分泌を促す働きがあることが東京大学医学部の研究により明らかになりました。
正確にはPI3Kと呼ばれる酵素を活性化させ、活性化したPI3Kがインスリンの分泌を促すのです。また、活性化されたPI3Kはインスリン抵抗性を改善します。

インスリンの分泌量が減ることで、β細胞量が減少したりインスリンの分泌量が低下したりすると言う悪循環に陥っているというのです。
PI3Kを効果的に活性化させる薬剤などの開発が待たれるところですが、早期のインスリン投与はこの悪循環を緩和する治療法の一つと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*