糖尿病と糖質制限

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1377929_27262874

糖質制限食とは、食事から糖質を減らそうというものですが、糖尿病や高血糖にお悩みの方であれば、一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。
ダイエット方法の一つとしても知られ、一度くらい試したことがあると言う方がおられるかも知れません。

「糖」質という文字から甘い物?と思われるかもしれませんが、そうではありません。
分かりやすく言えば、糖質とはからだに糖分として吸収されるものを指します。
お米も、パンもブドウ糖の形にして取り込まれます。この様に吸収される際にブドウ糖の形になるものを糖質と呼ぶのです。

さて、糖質を制限するというのは、これら炭水化物などを避けて生活することを指します。
糖質を制限することで血糖値は下がります。殆ど誰しもが下がると考えられます。
ただし、長期的に考えて糖質制限が健康維持に適しているかどうかはまだわかりません。

糖質制限という考え方は、いわゆるダイエットで食べるものを減らすのと似た部分がありますのでそこまで新しい考え方ではないと言えますが、最近言われる糖質制限は、もっと制限して一切の糖質を避けると言う様なところまで進んでいます。

ここまで、極端な例で生活をしている人は少ない為、多くの方々に適しているかどうかが分からないのです。
中には糖質制限食を長年続けておられる医療関係者の方もお出でになり、今のところは問題無く生活しておられる様です。
また賛同する方々も実践されている方はお出でになるようですので、その様な方々も問題無く生活しておられるのでしょう。

ただ、人間のからだとして、インスリンやグルカゴンと言った血糖調整ホルモンが存在する以上は、からだの外から入ってくる糖質を調整することが前提の仕組みで出来上がっているのではないかと考えると、あまりやり過ぎるのは怖い気がします。

現にご病気を患っておられる方が、お医者様と一緒に検査なども併用しながら行われるのであれば試して見る価値があるのではないでしょうか。

ご自分で適当に始められるのは危険かも知れません。

まずは、毎日の食事を振り返りながら、糖質を減らしていくことから初めてみるのが良いかも知れませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*