HbA1cとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HbA1cというのは、ブドウ糖と結合したヘモグロビンが血液中にどのくらいあるのかを調べる検査方法です。

この数値を調べることで、約2ヶ月の間の平均的な血糖値を予測することが出来るのです。

ヘモグロビンというのは、血液中で酸素の運び屋として活躍するタンパク質です。

ブドウ糖は、タンパク質と結合する性質を持っていますので、ヘモグロビンとも結合してしまいます。

血液中のブドウ糖が多ければ多いほど(血糖値が高ければ高いほど)、ヘモグロビンと結合することとなります。

もう一つ重要なのは、ヘモグロビンの寿命(正確には赤血球の寿命)が約120日ほどであると言う点です。

赤血球は、常に入れ替わりを続けていますので、120日経過すればすべての赤血球が入れ替わると考えることが出来ます。

ヘモグロビンとブドウ糖が触れ合うチャンスが多ければ多いほど、ヘモグロビンとブドウ糖が結合しやすくなりますが、120日目には分解されることを考慮に入れると、およそ半分である60日間分のヘモグロビンへの影響をチェックすることができます。

これがHbA1cの仕組みです。

糖尿病であるかどうかを調べる手段としては、メインの方法ではありませんが、長期間の状態を把握するにはこの方法が向いていることから、最近はほとんどの医療機関で検査をするようになったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*